正式公開日 2018年 8月 6日

最終更新日 2021年 7月21日

歌團治の由来

 上方落語の空き名跡、桂歌團治(かつらうただんじ)を由来として名乗っています。
 Wikipediaなどによると、初代桂文團治門下だった初代桂歌團治は五代目笑福亭吾竹を襲名、後に笑福亭吉右衛門と改名したそうです。名前から音曲噺(はめものの一種)を得意にしていたというのは想像できます。
 ハンドルネームとして歌團治を名乗り始めた理由は、mixiコミュニティ「桂小米朝」の管理人を引き受け、名称を「五代目 桂米團治」へ変更する際に、「團治」と付く上方落語の空き名跡を探していた所、合唱経験により「歌」の字に縁があると感じた為。
 私は落語家ではないので、「桂」の亭号を外しています。